Header

羽毛ふとんのお手入れ

どれだけ品質の高い羽毛ふとんも、日頃のお手入れが大切です。とはいっても、難しいことはありません。いつまでも心地よい眠りを得られるためにも、正しい知識でのお手入れが、長持ちの秘訣でもあります。

Q. 羽毛ふとんは日に干してはいけない?

A. そんなことはありません。羽毛は吸湿・発散性に優れているため、他のふとんのように頻繁に干す必要はありません。しかし保温性を高めたり、日光消毒のため、月に1〜2回、表と裏あわせて1〜2時間程度の日干しをおすすめします。その方が本来のふとん機能が長持ちします。

Q. ダニや虫は大丈夫?

A. 羽毛ふとんからダニや虫が湧くということはありません。羽毛の原料は、洗浄と熱乾燥処理等によりゴミ除去や殺菌が徹底され、害虫及び臭いやカビの もととなる雑菌を死滅させるため、清潔で安心です。また、側生地は中からの羽毛吹き出しを防ぐつぶし加工を施しているため、外からダニが侵入することもあ りません。

Q. 汚れたらクリーニングは?

A. カバーを掛けてお使いになれば、そんなに汚れることはありませんが、長くお使いの間にもし汚れが目立つようになったら、ドライクリーニングか、水 で丸洗いができます。しかし、度重なるドライクリーニングは羽毛の油脂分が必要以上に除去されて機能低下を招きやすいので、回数はなるべく少なく配慮した 方がいいでしょう。水による丸洗いは、羽毛への影響はほとんどないのですが、側生地の縮み・痛みから織り目がやや大きく広がり、羽毛が飛び出しやすくなった りする場合もあります。突発的に側地が汚れた場合は、すぐに水でつまみ洗いをしてください。洗剤が必要なときは石鹸は避けヘアーシャンプーを使います。ま た、絹の側地の場合は水洗いは避けましょう。

Q. 羽毛ふとんの下に毛布を使ってはダメなの?

A. 毛布を下に重ねますと、羽毛が体にフィットせず体との間にすきまができてしまうため、羽毛ふとん本来の保温性が得られません。真冬などに羽毛ふ とんだけでは寒いと感じ毛布を合わせたい場合は、羽毛ふとんの上から毛布を掛けてください。なお、上に掛ける場合、重いものですと羽毛ふとんが押されてか さ(厚さ)が減り、保温性も低下するので、あまり重いふとん・毛布は避けてください。電気掛け毛布などは羽毛ふとんの下で温度を低めに調節してお使いにな るのが良いでしょう。

Q. 長く使わないときのしまい方は?

A. まず日に干し、よく乾燥させ、汚れがあれば除去します。それから通気性のあるケースに入れるか、布で包んで湿気のない場所に保管してください。通 気性がなく湿気が多い状態ですと、蒸れて臭いを発生したり、羽毛の品質を損なうことがありますのでご注意を。特に長期間使わないでおくときは、ときどき日 干しをして乾燥させましょう。

Q. 古くなったらリフォームできるって本当?

A. 羽毛ふとんは、他のふとんに比べて耐久性が長い寝具です。お使いになる間に側地が劣化してきますが、中の羽毛も多少かさの減少はあっても十分に再 利用できます。このため、側地を交換し、必要な場合は羽毛の洗浄と足し羽をすれば、お手持ちの羽毛ふとんを新しい羽毛ふとんによみがえらせることができま す。リフォームをお考えのときは、ご購入のふとん店または組合の認定事業者 (組合員一覧のページをご覧ください。)に、ご相談ください。

Q. リフォームラベル・リペアラベルって何?

A. 日本羽毛製品協同組合では、このような「リフォームラベル」「リペアラベル」を発行しています。「リフォームラベル」は、古くなった羽毛ふとんの 羽毛を水やスチームを使って洗浄し側地を交換したもの、「リペアラベル」は、古くなった羽毛ふとんの羽毛を洗浄しないで新しい側地に充填したものに付けら れています。当組合が各企業がリフォーム・リペアに関する設備と方法を立入り調査し、適切であると判断した「認定工場」で作業されたものだけに、これらの ラベルの使用が許されています。

Q.「組合認定工場」のしくみは?

A. 日本羽毛製品協同組合では、「リフォームラベル」「リペアラベル」の発行に先立ち、まず「工場認定制度」を導入しました。羽毛ふとんリフォーム・リペアを 正しく実施するための設備があるか、個別の顧客毎にお預かりからお届けまでが分別管理されているか、解体した側地や工程で発生する廃棄物が正しく処理でき ているかなどを審査し、組合が定めた基準に達している事業者に、このような認定証書を発行しています。なお、認定事業者については「リフォーム認定工場一覧」のページ をご覧ください。